ワキガの臭いのマナーについて

まず、子供本人がワキガに気づいている場合と、気づいている場合があります。それは嗅覚の問題ですので、性格は一切関係ありません。

ワキガになるのは早い子供で、小学校低学年からが考えられます。早くワキガになって、気づいていないお子さんの場合は、親から臭いのマナーを教える必要があります。

臭いのマナーの具体例

背が高かったり・低かったり、体が大きかったり・小さかったり、髪の色や目の色が違うように一人一人に個性があることを気づかせてあげてから、汗の臭いが強かったり・しなかったりする場合もあることを伝えてみましょう。

 

「汗の臭いが強いタイプ」だから「匂いがしなくなるクリーム」を塗っておこうねと伝えてみてはいかがですか。

普段の生活で毎日子供の臭いの手当をしてあげられるのは子供が小さいうちだけかもしれません。

子供が自分でできそうな場合は、クリアネオの使い方を説明するだけも良いかもしれません。

子供がどの程度把握しているのかによって、説明の方法が異なりますが、臭いがしたら早めにケアすることで、臭いのトラブルは避けられます。

ワキガになりやすい食べ物を減らしてみる

一般的に臭いが出やすい食べ物、アポクリン腺や皮脂腺が活発になりやすい食べ物があります。

日本人は世界的にみると臭いのしない文化ですが、外食や脂分の多い洋食を食べるようになってから臭いはじめたという説もあります。

肉類

焼肉やステーキ、ハンバーガーなどの動物性たんぱく質や脂質が多い食べ物は、アポクリン腺からの汗の分泌を促進し、ワキガ臭が強くなることもあります。

毎日お肉の家庭でしたら、お魚も取り入れてもいいですね。

玉ねぎ

玉ねぎには硫化アリルと呼ばれるアリシンが含まれており、アリシンが酸化すると硫黄酸化物になるため、臭を放ちます。

アリシンを含む食べ物は、ニンニク、ニラ、ラッキョウにも含まれています。

インスタント・ジャンクフード・お菓子

手軽に食べることができるインスタント食品や袋のお菓子類を毎日のように食べていると脂質が高くなります。

カップラーメン・コンビニ弁当・ジャンクフードで脂質が高く高カロリーな食べ物を摂取し続けることで、アポクリン汗腺や皮脂腺が活発になり、ワキガが強くなる可能性があります。

アポクリン汗腺や皮脂腺が活発になることがワキガの大きな原因とも言えますので、普段の食生活を見直すことも重要です。

子供は成長期ですので、玉ねぎや肉類を減らすよりも、栄養素の少ないジャンクフード系を見直してみるのがいいと思います。

クリアネオのボディーソープを併用してみる

クリアネオには、ワキガ消臭クリーム・ボディーソープがセットになった「ボディーソープ&クリーム各一本定期便」というコースがあります。

クリアネオパールという名称のボディーソープにはお母さんにも嬉しい、アスタキサンチンというアンチエイジング成分がたっぷり含まれています。

ほんのりピンク色をしているのは、着色料ではなくアスタキサンチンがもつ成分の色です。アスタキサンチンはビタミンEの1000倍、コエンザイムQ10の150倍の保湿力をもつ成分と言われています。

ワキガ臭を消するためにも、まずお肌自体が傷のない状態で活力を与えるために、毛穴に溜まった老廃物を優しく取り除くケアも欠かせません。

クリアネオボディーソープで皮脂など汚れを十分に落とし、消臭クリームでワキガの原因菌を殺菌し、発汗しないようにブロックすることで、副作用のリスクもなくワキガを匂わせない成功サイクルを手に入れることができます。

シルクのようなきめ細やかな洗浄成分にアスタキサンチンのような高い保湿力を高濃度配合してあるボディーソープは、良い香りをまとう身体になるためには必要不可欠です。

シャボンの優しい香りとかわいいピンク色の泡に包まれたバスタイムは、気持ちの良い時間となり心も身体もすっきりする至福の時間になることでしょう。

 
ワキガクリーム・ボディーソープが全て入ったセットを注文する!>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です