なぜ臭う?!子供のワキガの原因を知ろう!

ワキガの原因は、アポクリン腺という体のごく限られた部分にだけにある汗腺(かんせん)です。

子供の成長の発達によって、アポクリン腺も育ちワキガ体質となっていくようです。

アポクリン腺がある場所

そのほとんどは腋(わき)の下にあ理、残りはごく少量ですが、乳輪、へその周囲、外耳道、外陰部、肛門周囲などに存在することもあります。

アポクリン腺の人種による違い

アポクリン腺の数は腋(わき)の下に限られていますが、人種によって、また同じ人種でも個人によってその量に大きく差があります。

アポクリン腺の大きさ

アポクリン腺は、毛穴と同じ場所にあるため、わきの下の毛穴の大きさがアポクリン腺の大きさと言えます。目で見えるぐらいのサイズになります。

大きさは目で見えるその腺体は腋窩では肉眼で十分確認できるほど大きく、日本語では別名大汗腺と呼ばれています。

なぜアポクリン腺があるの?

アポクリン腺は、体臭の原因となる汗を作ることが目的です。

多くの動物はフェロモンのような臭いで、仲間同士を確認したり、異性を魅力することで子孫繁栄をしてきました。

人間の場合は直立歩行ができるようになったため、相手の鼻に比較的近い位置にある脇が臭うように進化し、子孫繁栄の役割を担ってきました。

臭い嫌いの日本人?!

本来は動物のフェロモンのように異性を惹きつける役目であったため、ワキガ臭は人によって異なるのです。

ワキガも個性の大切な1つとも考えられますが、「ワキガ=個性」とは日本人は考えないようです。

それは、清潔志向の強い日本人の間では「ニオイ=不潔」のイメージが一般的とされているからです。また、日本民族自体が、ワキガ体質の人が少ないことも考えられまうす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です